賃貸住宅の壁紙のキズを補修

###Site Name###

賃貸住宅の壁紙にキズが発生してしまった場合は、自分で工夫して補修すると良いでしょう。

壁紙が汚れていたり、破損したりしたまま退去してしまうと、原状回復で壁紙の張替えリフォームが施工されてしまうからです。

賃貸住宅の入居者には、退去時に原状回復義務がありますので、原状回復に必要となった費用が敷金から差し引かれてしまいます。


壁紙のキズは、程度にもよりますが、専用のボンドや接着剤で目隠しすることが可能です。壁紙の目隠しは、工務店の補修工事と比較すると、とても簡単ですし、割安です。

不動産管理会社は、必ずしも厳しい審査基準で原状回復を行うわけではありません。

経年劣化と判断されれば、リフォームには至りませんし、汚れの程度も許容範囲とされれば原状回復作業も必要最小限でとどめられます。

壁紙のキズは、壁紙が切れているのか凹んでいるのかを判断して補修方法を決めます。

切れている場合は、キズよりも少し大きい範囲で壁紙をカットし、似ている素材と色の補修用壁紙に張替えます。
壁紙の繊維質に合わせてカットできるので、しっかりと壁材に張り合わせてしまえば目立たなくなります。

教えてgooの最新情報を紹介します。

壁紙の凹みは、やはり壁紙を凹んだ箇所を中心にカットし、壁材に接着剤を厚めに塗って、凹凸をなくします。
接着剤を厚めに盛りあげて塗り、乾いてから表面を平らに削り、凹凸を緩和させます。


壁紙を貼るときは、カットした線に合わせるように注意すれば、目立たなく仕上がります。



壁紙のキズを、目立たなく仕上げておくだけで、原状回復の張替えリフォームを予防することができます。