市販の補修材を用いた床のキズのリペア

###Site Name###

リビングのフローリングなどの木質系の床であれば、とがった金属などを不注意で落としてしまったり、家具を引きずったりすると、とたんに大きなキズができてしまいます。

また、風呂場などに使われるコンクリートの床なども、しばしばひび割れを生じやすく、防水の面で心配があります。

教えてgooについての情報はこちらです。

こうした家庭における床のキズの補修は、もちろん専門の業者にまかせるのがもっとも安心といえますが、軽微なキズであれば、ホームセンターなどで市販している製品をつかって、自前でリペアすることも十分に可能です。
木質系の部分であれば、キズを目立たないようにするテープや、マニキュアのように部分的に彩色する塗料、穴を埋めて補修する充填剤のようなものが出回っていますので、気になる部分の色合いにぴったりあてはまるものを購入すれば、かんたんに補修できます。
また、コンクリートの床については、すばやく固まるセメントなどを混ぜ込んだ補修材が市販されており、こちらも欠けた部分のゴミをとりのぞき、補修材を充てんしたあとで軽く表面をヘラなどでならしてしばらく置くだけで完了します。



このように、ホームセンターにある素材でリペアをすれば、それほど費用をかけずに目的を達成することも可能です。



ただし、何センチもの大きな穴やキズの場合には、やはり素人では完全にもとどおりにすることは難しく、場合によっては逆に状態を悪化させてしまうこともありますので、業者に依頼をしたほうがよいといえます。