ガス料金の節約の方法

都市ガスとプロパンガスでは都市ガスの方が安いですが、プロパンガスでも都市ガス並みに安くする方法があります。ガス料金は、基本料金と従量単価にわかれます。
基本料金の相場は1500円〜1800円、従量単価の相場は300円〜500円です。

ガス会社を変えられると知らない方が多いですが、ガス会社は地域に根差しているので、今までは価格競争しない、お客を取り合わないという暗黙のルールがありました。プロパンガスは昔に自由化されていましたが、都市ガスの自由化によって競争が活発になるでしょう。


家庭によって基本料金または従量単価が違っていて、交渉して安くなることもあります。領収書に基本料金と従量単価が明示されているか確認しましょう。知らないうちに値上げされても、気づくことが出来ます。
これからガス会社を選ぶ場合は、料金表を明示しているところを選ぶとよいでしょう。

ガス料金といえばこちらです。

集合住宅では、ガス料金が全国平均より1割高いという統計が出ています。



実は部屋によって、交渉したかしないかで料金が違ってくる場合があるのです。

ガス会社を変更するのは団体になるのでオーナーしかできませんので、高い場合はダメ元で個別にガス会社と交渉するしかありません。ガス料金の節約には日々の努力も必要ですが、特にお風呂のガス料金が一番高いです。追い炊きよりも、たし湯にした方が安くなり、アルミのお風呂のふたを使うなり工夫する方法があります。

家族でなるべく近い時間で入りましょう。